10月31日(日)のグループカウンセリングテーマは、皆さんからご要望の多かった【罪悪感part2】です。
グループカウンセリングは、毎月開催させていただいているのですが、扱うテーマは、お会いする方々にアンケートをとらせていただいたりしております。
今までのグループカウンセリングにご参加いただいた方々だけでなく、「どんなテーマをグループカウンセリングで扱って欲しいと思いますか?」という質問や、「どのような心理について知りたいと思いますか?」という質問、「どのようなことに悩んでいますか?」という質問に対して、圧倒的多数で多かったのが、罪悪感!!
というわけで、10月のグループカウンセリングのテーマは、【罪悪感part2】とさせていただきました。

Part2というからには、以前にもグループカウンセリングで罪悪感をテーマにしたことがあるわけですが、1回目に参加していないとpart2に参加できないといことはありませんので、どうぞご安心ください。
もちろん、1回目も参加したけれど、テーマが罪悪感ならば、絶対に参加しますという方も大歓迎です。

問題の影には罪悪感


罪悪感というのは、感情です。
感情に良いも悪いもないわけで、ただ感じるわけですが、罪悪感を感じる場面があまりに多いと生きづらくなってしまいます。
罪悪感は、「悪いことをしちゃったな」という一般的によく知られているものだけでなく、やれるのにやらなかったという長く苦しむことになる罪悪感や、自分は毒であるという概念も罪悪感の一種です。
また、びっくり仰天なのですが、「恵まれていてごめんなさい」という罪悪感もあります。

罪悪感を抱えることによって、「そんな私は罰を受けなくてはならない」「罰を受けることによって償おう」という言動に知らず知らずのうちになってしまいます。

とても罪悪感を感じているようには見えない「はぁ?俺のどこが悪いっていうんだ?キミの態度が悪いからこんなことになってるんだよ!謝れっていうのか?謝るべきは、俺じゃなくてキミだっ!!」なんていう悪い態度をされると「なんだこいつはっ!悪いことをしたとか、申し訳ないとか微塵も思ってないじゃないかっ!最低なやつだっ!」となるものです。
そうやって、悪い態度の相手を嫌って、最低だと攻撃したくなる。
このことによって証明されるのは、悪い態度で微塵も悪いことをしたと思っていない人は、悪い人であるということなのです。
つまり、大変ややこしのですが、その人は悪い態度をすることによって、「私は悪人である」ということを証明しているわけですね。
悪い人であるということを証明しなくてはいけないということは、その人の中に罪悪感があるということなのです。

ああややこしい・・・

誰だって失敗したり、誰かを意図せず傷つけてしまったとわかった時には、「悪いことをした」「申し訳ないことをした」と罪悪感を感じます。
そして、悪いことをしたのだから、謝罪します。
「ごめんなさい」「申し訳なかった」「もうしません」「許してください」と。
だから、謝らなかったり、逆ギレしたりする人は、罪悪感など感じていないのだと思ってしまうのですが、謝れないくらい、自分が悪いことをしたと認められないくらいに罪悪感が大きい場合は、とっても悪い態度になることによって、「私は悪い人である」という罪悪感証明しようとするのです。

謝罪できたり、申し訳ないことをしたから償いをしますねという態度が取れる場合は、まだ罪悪感が小さいと言えるわけですが、積りに積もった罪悪感があり、罪悪感が巨大化している場合は、とっても悪い態度をとって、周りの人から悪人認定をもらおうとしてしまうのです。

もちろん、やっている本人の意識としては、「私は悪くない」と本気で思っているわけですが、人間の意識は心全体の約3%なんて言われたりします。
それくらい微々たるものなのです。
普段意識することのない潜在意識や無意識の領域で、「生まれてこなければよかった」「私は諸悪の根源である」と言う思いがあると、とっても悪い態度を取ることによって、罪悪感を証明するような言動をとることになってしまいます。

周りの人に対する悪い態度だけではなく、「悪人は幸せになってはいけない。よって、幸せを拒絶します」「悪人は好かれてはいけない。よって愛を拒絶します」「悪人は豊かになってはいけない。よって豊かさを拒絶します」「悪人は苦労しなくてはならない。よって苦難の道を歩みます」というように、自分自身が楽しんだり、喜んだり、幸せを感じたりすることを拒絶して、苦労が多い生き方を知らず知らずのうちに選択してしまうのもまた罪悪感のなせる技なのです。

ありとあらゆる問題の影には、罪悪感があると言われるくらいに、罪悪感は多くの問題を生み出してしまうわけですね。
だからこそ、グループカウンセリングのテーマとしてご要望が多かったのかもしれません。


こんな問題がある人はぜひご参加ください


◆苦労が多い人生である
◆なぜかいつもハードワークしてしまう
◆恋愛がうまくいかない
◆お金にまつわる問題がある
◆男運がない、女運がないと思っている
◆周りの人を大切にするけれど、自分のことはどうでもいいと思っている
◆悪いと思っても謝れない
◆自分は幸せになる資格がないと思っている
◆人生にアクシデントばかり起こる
◆願ったことが叶ったことがほとんどない
◆できればたった一人で生きていきたいと思っている

ありとあらゆる問題の影には、罪悪感があるわけですから、もちろんこれだけではないのですが、ご自身が上記のような問題をもっていたり、あなたの周りの人の中に上記のような問題をもっている人がいたりする方、ぜひ10月グループカウンセリングへお越しください。

グループカウンセリングではこんなことをしています


グループカウンセリングでは、ご参加いただいた皆さま全員に、現在抱えておられる問題や悩みをお話しいただく時間を作っております。
そのお話いただいたことに対する心理分析をお伝えしたり、解決していくためのアドバイスをさせていただきます。
また、ご参加いただいた皆さん全員で、罪悪感を癒す実習もしていきます。
実習を何回行うのか?どのような実習をするのかは、決まっていません。
ご参加いただいた皆さまのお話をお伺いし、その時に最適なものをご提案しています。

グループカウンセリングでは、テーマを設定することで、同じ悩みを持った人たちが、お話ししやすい場を作っていきます。

カウンセリングというと、1対1で行われることが多いのですが、同じような悩みがある複数の人が集まることで、他の人のお話しを聞きながら自分の悩みを解決するヒントを得ることもできますし、「一人じゃないんだ」と思えることで、勇気が出てきたり、誰かを応援する気持ちが芽生えてきたりします。

もちろん、守秘義務を守っていただいて開催しますので、安心してお話ししていただくことができます。

カウンセリングというと、少し敷居が高い気がしていた人も、オンラインのグループカウンセリングなら気軽にご参加いただけます。
気軽ですが、テーマを絞ることで、深く問題に切り込んでいくことができます。

一人で悩むのはつらいものです。
同じような悩みを持った人たちが集まることで、「私一人じゃなないのだ」と思えるのは、とても大きな力になります。
オンライングループカウンセリングにぜひご参加下さいね。

10名限定開催ですので、お申し込みはお早めにお願い致します。
予定がまだ確定していないという方は、先にお申し込みを済ませておいていただいて、参加できそうだと確定したら10月30日(土)15時までにお支払いを済ませていただければ大丈夫です。
皆様のご参加をお待ちしております。

【グループカウンセリング詳細】


2021年10月グループカウンセリング

◆カウンセラー:大門昌代
◆カウンセリングテーマ:【罪悪感part2】
◆日時:2021年10月31日(日)10:00〜15:30(途中休憩やランチ休憩をとります)
◆料金:16,500円(税込)
◆定員:10名
※ZOOMを利用してのオンライングループカウンセリングです。

※事前申し込み制ですので、2021年10月30日(土)15時までにお申込みとお支払いの両方を完了しておいて下さい。
申込ボタン小



購入ボタン



参加手順など詳しくは下のボタンをクリックしてください。
詳しくはこちら


※グループカウンセリングは18歳以上の方のみご参加いただけます。

※グループカウンセリングにはお願いごとや参加要件がございます。
お申込みフォームに記載されている【参加される方へのお願い】【参加要件】をお読みいただきご同意いただいた場合のみお申込みをお願いいたします。


【今後のグループカウンセリングの予定】

2021年11月23日(火・祝)10:00〜15:30
2021年12月12日(日)10:00〜15:30
テーマが決まりましたらブログにてお知らせいたします。

カウンセリングのご案内


※※※※※※※
大門の10月分カウンセリングのご予約を受け付けております。
ご予約時に「大門のカウンセリング希望」とお伝えくださると、ご予約可能な日時を教えてくれます。
ぜひご利用くださいね。

※※※※※※※
カウンセリング予約センター
営業時間:12:00〜20:30 (月曜日定休日)
TEL: 06-6190-5131
※※※※※※※
ZOOM面談カウンセリングについて詳しくは、こちらのページをご覧ください>>>

ZOOM面談